より良い職場へ介護転職するためにやっておくべき3つのこと

1.経験を積み実績を作る
 「チームリーダーを任され、後輩の育成に2年間注力した」など、まずは次の職場で生かせるアピールポイントを作りましょう。在職期間が数か月での転職となると、納得できる理由がない限り採用には不利に働きます。「またすぐに辞めてしまうのでは?」と思われる可能性が高いので、まずは実績を作ることをおすすめします。

2.介護の資格を取得する
資格は経験やスキルの判断基準になります。介護福祉士やケアマネージャーの資格は、介護士経験が必須で、段階的に取得できる資格。介護士としての知識や経験もアピールできるので転職には非常に有利です。

3.仕事に活かせるスキルを身につける
介護の仕事は高齢者や介護が必要な方たちに、より良い生活を送ってもらうお手伝いをする仕事です。
例えば、「マッサージの勉強をする」「メンタルヘルスについての知識を深める」など、介護の仕事に生かせるスキルを身につけるのもよいでしょう。