便秘に不可欠。腸の神経細胞の活躍を知っておきましょう

排便するということは、色々な臓器の働きによって行われています。少し難しい話なのですが。
しかも腸はとても精巧な働きをする優れものなんです。便秘はこの精巧な腸が働けなるということなんですね。
腸には1億個の神経細胞があるそうで。脳には及びませんが、体の中では脳に続いて多い様です。
そんなに細胞が詰まっているのに驚きますね。
腸は、消化・吸収・排泄・便意を起こす・酵素やホルモンの分泌など。単独で行っているんです。
体には必要不可欠なことをしているんですね。
通常の体の仕組みは、脳からの伝達により行動を起こすわけですが、腸の神経細胞は、脳を通さずに単独で動かすことができます。
しかし、ストレスにより便秘・下痢はまた違うんです。脳にも関係していることなんです。
日常的には便秘はないが、旅行や外出した時に便が出なくなったことありませんか。
これは、副交感神経が押さえつけられるためになってしまうんです。
自律神経とは、体調を調節してくれ、意識しなくても勝手に体の調節をしてくれるんです。
副交感神経は、リラックスをさせくれます。(主に夜)逆に交感神経は、活動を促してくれます。(主に昼)
この2つの交感神経がバランスを保ってくれています。
自律神経は、蠕動運動と関係が大きく、副交感神経がメインになるとリラックスし排便を促してくれます。
交感神経がメインになると、緊張し蠕動運動が鈍くなります。
生活習慣やストレスなどは腸に大きな影響をあたえてしまいます。
腸が不調を脳に伝えることがあります。危険信号です。精神的に不調な時も伝達してくれるんです。
腸の神経細胞は、腸の異変に気が付き脳に伝えてくれる。すぐれた臓器なのを知っておきましょう。