電気ケトルと電気ポットの違いと選ぶポイント

電気ポットと電気ケトルをどっちを買うか迷いませんか?どちらもお湯を沸かせるのですが、ケトルの方が新しいイメージがありますよね。どっちを選ぶかは、お湯を使う頻度です。
例えば、1杯だけお茶を飲んだり、カップラーメンにお湯を注ぐなどの場合は、使うお湯の量も変わりますし、とりあえず1回分だけでいいですよね。そんなときは電気ケトルがいいです。必要な分だけ水を入れてスイッチを入れて沸騰するのを待つだけです。1回分沸かせるのがポイントです。
対して電気ポットは、あらかじめ大量のお湯を沸かせておけるのが大きなメリットです。大量の水を沸騰させるのに時間がかりますが、そのため、前日にお湯を沸かすか、タイマーを使用することが大切です。また、保温や再加熱も可能です。電気ケトルとの大きな違いは、保温機能がついているので、いつでもお湯でお茶や焼酎のおかわりを楽しむことができることです。
ケトルと電気ケトルのどちらを買うか迷ったら、お湯を使う頻度や必要なお湯の量を考えてみてください。